エンジンスワップ!心臓を入れ替えて活躍する日本車たち

日本では改造車検の壁が結構高いが、海外では多いエンジンスワップ

日本では例えばメーカー問わず他のクルマが搭載しているハイパワーエンジンなどに載せ替える「エンジンスワップ」は例が無いでも無いのですが、ナンバーをつけて公道を走るクルマのチューニングとしてはあまり一般的ではありません。

単にエンジンルームに収まればいいというものではなく、そのエンジンパワーに対して駆動系などが十分な強度を確保しているかなど、強度計算を行った証明書などの書類が必要になるため、おいそれと改造車検が通らないからです。

そのため、エンジンスワップといっても同じメーカーの同系統のエンジンで、駆動系なども流用されているため強度証明などの申請が容易な場合などが多く、仮に軽トラやコンパクトカーにV8エンジンを載せてしまう、などのチューンをしようとしても、かなりの手間がかかります。

そのため、そうしたエンジンスワップ車ではナンバーを取らずに公道走行を断念してサーキットなどクローズドコースに特化したものが多く、そもそもモータースポーツ自体があまり盛んでは無い日本ではエンジンスワップが盛んになりようも無いのです。

しかし規制のゆるい海外ではエンジンスワップは結構盛んで、日本車も時々とんでも無いエンジンを積んで走っているケースがあります。

スズキ エブリィバンにハイパワーロータリーターボを積むとこうなる

こちら、1982‐1985年まで生産された初代スズキ エブリィバンなんですが、550ccの30馬力も出ない非力なエンジンを何とロータリーターボ、たぶん13Bターボに換装したものです。

しかもパワーに合わせて足回りを強化したり太くてグリップのいいタイヤを装着するといった事も無く、軽1BOXバンの見た目はそのままにいきなりのバーンナウトでもうもうたる白煙!

エンジン音が高まるもののホイルスピンするだけでなかなか進まない…と思いきやいきなり1回転!

さらにタイヤスモークを吹き上げてスピンしまくり、エブリィが見えなくなるほど!

見た目は本当にフロントバンパーにインタークーラーがついた程度で軽1BOXバンのままグルングルンしているのですから、横転するのではと心配になりますが、むしろ華麗なフィギュアスケーターのようなターンを決めまくりです!

日産S14シルビアにアメリカンV8を載せてみた!

アメリカンV8エンジンというのはそのイメージとは裏腹にOHVで全高が低い事などコンパクトな事からありとあらゆるクルマに「とりあえず積んでみよう」という感じで載せられる事が多く、このS14シルビアもそんな1台です。

2リッターターボのシルビアに対し、シボレー コルベット用の6.2リッターV8を積んでいるんですから、とにかくトルクフル!ドリフトも進入スピードが結構速く、激しいタイヤスモークを上げながら踏みっぱなし流しっぱなしでコーナーを駆け抜けていきます。

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。