ロサンゼルスは日本の免許で運転できる?国際免許が必要になるケース

ロサンゼルスで運転するために必要な免許をご存じですか?ロサンゼルスのような都市ですら、車社会のアメリカでは、運転ができた方が便利です。旅行や観光で訪れる際にも、自分でレンタカーを借りて移動する方が効率よく観光地を回ることができるので、ロサンゼルスの免許制度について気になる人も多いでしょう。日本の免許で運転できるのか、国際免許が必要となるのかなど。確かめようと思うと英語のサイトを読んだり、大使館に問い合わせることになります。

今回は、ロサンゼルス(カリフォルニア)で必要な運転免許と交通事情についてお伝えしていきます。

ロサンゼルス(カリフォルニア)の免許事情

アメリカでは、「州」ごとに異なる交通ルールが存在します。そのため、アメリカで運転をする際は、「州」ごとの交通ルールを確認する必要があります。そこで今回は、カリフォルニア州での運転免許事情について紹介していきます。結論から言うと、カリフォルニア州では、日本の運転免許証を持っていれば運転可能です。しかし、注意点がいくつかあります。できれば、国際免許証も併せて携帯することをお勧めします。

日本の免許だけで運転できるけど…

カリフォルニア州のDMV(車両管理局)によると、「カリフォルニア州では、国際免許を有効な運転免許として認めない。アメリカ国外発行であっても、居住している国や地域で発行された有効な運転免許は認められる。国際免許は、外国の運転免許の翻訳であり、必ずしも必要ではない。」と書かれています。つまり、カリフォルニア州で運転するためには、日本の運転免許は有効であり、国際免許はその翻訳として持っていると役立つということです。
しかし、注意点としてカリフォルニア州で居住者となる場合は、10日以内に現地の運転免許証を申請する必要があることが挙げられます。

国際免許証が必要な場合もある

結論から言うと、国際免許は持っておくべきです。日本の運転免許証はカリフォルニア州でも有効ですが、日本語で書かれているため、現地のほとんどの人は読むことができません。国際免許証は翻訳・証明として役立ちます。レンタカーを借りる際、日本の免許証のみでは借りることができないケースもあるようです。そのため、必ず日本の運転免許証と国際免許証を携帯しておくようにしましょう。

国際免許

国際免許とは?

国際免許証とは、ジュネーブ条約に基づき、自分の居住地以外の条約の加盟国で運転を可能にする許可証です。

国際免許の注意点

国際免許証は、主に翻訳のような役割を果たすものであり、日本の運転免許証と併せて携帯するようにしましょう。国際免許証の有効期限は1年間です。また、観光目的で来ていることや、滞在期間の証明にもなるため、パスポートも携帯しておくようにしましょう。

その他の交通手段は?

車社会のアメリカでは、車での移動が中心です。しかし、都市のロサンゼルスでは、車以外での移動手段の方が便利なこともあります。状況によって移動手段を使い分けるために、いくつかを比較してみましょう。

電車・バスは安いけど不便なことも

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。