超小型車の時代・その2「戦後初期日本のバブルカー」

最近はカーシェアリング用などのシティコミューターとして注目されながら、意外と旧い歴史を持つ「超小型車」。かつてのサイクルカーやバブルカーのようなクルマは戦後の日本自動車史の初期にも登場します。


一種の「超小型車」オート三輪

CCライセンス 表示1959 Daihatsu Trimobile by Hugo90-

現在でもタイのトゥクトゥクに代表されるように世界中で多数が走り続けている「オート三輪」は、日本における「超小型車」の始祖と言えます。

1910年代に登場した初期のオート三輪は前方に荷物を載せる前二輪、後一輪でしたが、後に安定性向上のため前一輪、後ろ二輪のおなじみのスタイルに進化しました。

後に日本で三輪自転車が登場した時も同じような進化をたどりましたが、どうも最初は前に荷物を置いて、荷物が見える安心感が先に立つのかもしれません。

ともあれ前一輪となったことでオートバイの後半をリアカーにしたような簡易構造ながら高い積載能力を持つようになり、戦後にはキャビンを設けて快適性の向上や、自動車同様の丸ハンドルを設けて並列二名乗車を可能にしたり、2000ccクラスの大型三輪トラックまで出現しました。

その高い積載性から、荷台の代わりにキャビンを設けた三輪タクシー「トゥクトゥク」が現在でもタイで健在な姿を見ると、これも超小型車の一種という実感がわきます。

戦後初のバブルカー、ダイハツ「Bee」

一方、それら「オート三輪」とは別な超小型車の開発も戦後日本では進められていました。
三輪とはいえ軽自動車規格とはまた別に、自動車としてはもっと簡易な三輪車でしたが、オート三輪と大きく異なる特徴を持っていたのです。
オートバイ類似の機構にパイプフレームなどで簡便な構造を持っていたオート三輪に対し、乗用車として快適性を重視したキャビンを持つため、バブルカーはパイプフレームに被せたものではない本格的なボディを持っていました。
そのため、バブルカーとはいえ、戦後初期の日本のそれは「より自動車に近い」と言えたかもしれません。
その第一号が1951年登場のダイハツ「Bee」で、前一輪、後二輪の三輪乗用車です。

エンジンは804ccの水平対向2気筒エンジンだったので、超小型車にしては豪勢でしたが、ボディも前一輪に合わせて前方にすぼまる流麗なボディに、四輪乗用車と比較しても遜色の無い立派なキャビンを持っていました。

1年の間に300台ほど作られた「Bee」は主に大阪でタクシーとして使われましたが、三輪車としては大柄でホイールベースが長かった事から、トップヘビー気味でカーブなどでの安定性は悪かったと言われており、本格的な四輪乗用車がタクシーとして登場すると、すぐに姿を消したのです。

世界初のFRPモノコックボディ量産車「フジキャビン」

CCライセンス 表示Fuji Motors Fujicabin Model 5A, 1955 by kemeko1971

後にイギリスのスポーツカー「ロータス・エリート」が採用するよりも早く、世界で始めてのフルモノコックFRPボディ量産車として工業遺産的な価値も高い「フジキャビン」ですが、これが日本初のバブルカーと言えるでしょう。

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。