現代ライトウェイトスポーツの始祖 初代「ロータス・エラン」がもたらした皮肉

現代ライトウェイトスポーツの始祖 初代「ロータス・エラン」がもたらした皮肉

ライトウェイトスポーツ復権の陰で

1989年にユーノス・ロードスターが発売された時、自動車の歴史に新たな1ページが刻まれました。

それまで「時代遅れな過去の遺物」として忘れ去られていたライトウェイト・オープンスポーツが爆発的に大ヒットし、世界中の各社が同じジャンルのスポーツカーを投入する騒ぎになったのです。
しかしその頃、ロードスターとほぼ同時にデビューした一台の車には、皮肉な運命が・・・

その名は「エラン」。
「ロータス・エラン」。
そう、ユーノス・ロードスターが開発されるにあたって、その再来を目指した一台のライトウェイトオープンスポーツカーの、二代目モデルでした。

ロードスターが特にパワフルでもない代わりに軽快に吹け上がるファミリア用1600ccエンジンを縦置きに搭載し、古典的なFRレイアウトでデビューしたのとは対照的に、二代目「エラン」はパワフルな1600ccターボエンジン(NAもありましたが)を横置きに搭載した、FFだったのです。
しかもそのエンジンが日本のいすゞ製。
おかげで「エランなのにFRじゃない」「いすゞエラン」等と心無い陰口を叩かれてしまい、最後は韓国のキアに生産設備が売却され、キア・ビガートと名前まで変わってしまったのでありました。

完成度が高かった初代ロータス・エラン

そんな非業の生涯を送った二代目に対し、初代エランとはどんな車だったのでしょう?

後にケータハムに生産権が移って今も健在な「7」などを生んだイギリスのスポーツカーメーカー、ロータスがGTカー「エリート」の後継として1962年に送り出したオープンスポーツが初代「エラン」。

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。