【ポルシェ911】その維持費は国産車の3倍?!

自動車税は都道府県別に毎年5月の納付となりますが、重量税は購入時と車検時に求められ、新車の場合初年度から3年分、車検では次の2年分を先に負担することとなります。ポルシェ911の場合、1500kg以下の重量であるため、年間18,900円となり、3年分であれば56,700円、2年で37,800円です。自賠責保険料は3年で39,120円、2年で27,840円の負担が求められ、車検の時に合算で負担が生じます。自動車税は5月、自賠責及び重量税は車検時までに売却するとそれぞれが還付や返戻金を受けられます。これらの税金は車種に関係なく基準により負担が生じます。

ポルシェの維持費あれこれ

ガソリン代とオイル交換

ポルシェ911は言わずと知れたハイオク使用車で、1Lあたり140円とすると満タン給油で8,000円程度の負担が掛かります。月に15,000円程度の負担とすると、年間で燃料費が180,000円位維持費として掛かります。オイル交換はディーラーでオイルと工賃込みで30,000円程度かかり、一般の整備工場であれば20,000円程度の負担が求められるでしょう。オイル交換は走行距離により異なり、一般的には5,000kmと言われていますが、ポルシェの場合専用のロングライフオイルを使用しているため、15,000km~20,000kmの間隔での交換となるため、国産車よりも燃料やオイル交換の維持費が大きくなります。

その他の費用負担として

ポルシェの車検整備費用は交換部品によって大きく異なりますが、一般的な車検費用は150,000円~180,000円程度が掛かるでしょう。高級車である以上車両保険料も加味する必要があり、車両保険を設定すると100,000円~130,000円程考えておかなくてはいけません。車両保管のために駐車場も必要で、屋根のある所で保管することが良いため、多少割高にはなります。駐車場料金が15,000円であれば年間180,000円必要になります。そのほかにもETC利用料やお出かけ先での駐車場料金など考えておかなくてはいけません。ポルシェ911の維持費は国産車と比べると3割程度の維持費が高くなります。

まとめ

ポルシェ911は世界が認めるプレミアムスポーツカーで、このモデルは同社のフラッグシップスポーツカーであるため、一般的な国産車と比べると維持費が伴います。現行モデルは高いパフォーマンスを発揮し、安全性能、走行性能を兼ね備えたモデルであるため、メンテナンスには費用が掛かります。自動車保険や駐車場料金などの費用もある程度理解した上でこの車の所有を考える必要があります。最近の車は高性能化しており、正しく作動するためには点検整備が重要であるともいえるでしょう。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら