ポルシェ・ケイマンのスペックについて 【試乗した感想】

ポルシェ ケイマン画像

ケイマンは低重心なデザインに仕上がっており低床であることから乗降時にセダンやSUVに比べて乗り難さはあるも、座席に座ると運転姿勢を固定するバケット式の座席が体を覆うようにするためハンドル操作にブレを与えません。スポーツ仕様のバケット式座席は長時間の運転でも搭乗者に疲れを与えないです。
実際に試乗してみると、運転席から操作しやすいシフトポジションやスイッチ系統の配置となり、アクセルやブレーキペダルのストロークも他のスポーツカーに比べて短く設定してあることで疲れずに運転ができます。
試乗して感じることはシートの最適な硬さで、高品質な素材が使用されていることが分かります。

安全性能に関する特徴

ポルシェ ケイマン画像

引用元:https://www.porsche.com/japan/jp/models/718/718-cayman-models/718-cayman/

衝突時のダメージを想定した配慮

ケイマンは高い出力を発揮するスポーツカーであるため安全性への配慮は高く設定されています。万が一の衝突時に稼働する安全システムとして、前方からの衝撃を軽減する運転席と助手席のエアバッグに加え、サイド及びカーテンエアバッグに側胸部エアバッグを搭載しています。横方向からの衝突にはポルシェ・サイド・インパクト・プロテクション(POSIP)というドアビームが片側2本ずつ配置されていることからその他の安全システムと共に2重のサポートで搭乗者への衝突時の衝撃を軽減するものです。カーテンエアバッグは衝突時のガラスの飛散によるけがから搭乗者を守ります。

夜間走行の安全を保護する

ポルシェ ケイマン画像

引用元:https://www.porsche.com/japan/jp/models/718/718-cayman-models/718-cayman/

ヘッドライトに使用されるバイキセノンライトは前方の視界を鮮明にする明るさが確保されており、リアコンビネーションランプはブレーキライト&方向指示シグナル共に高光度LEDランプが採用されています。後続車に予め危険を伝えるブレーキランプの鮮明さは降雨時の夜でも鮮明に確認できる光度で後続車のドライバーが離れた距離からも確認しやすく鮮明な光度により心象に残るものです。オプションによりオートレベライザーやコーナーリングランプが搭載可能です。雨の日の夜間の高速走行時でも安心できるライトが設置されているこの車は安心してドライブを楽しむことが出来るでしょう。

まとめ

ポルシェ ケイマン画像

引用元:https://www.porsche.com/japan/jp/models/718/718-cayman-models/718-cayman/

ポルシェ911の遺伝子を持つプレミアムスポーツクーペのケイマンは兄弟車であるボクスターと共通するコンポーネントを持った車ですが、オープントップとハードトップという違いを持たせたモデルです。水平対向エンジンはミッドシップとして配置されており低重心で空力抵抗を考えたものです。効率の良いダウンサイジングターボによりレスポンスの良い加速力を発揮します。実際に試乗することで加速の瞬発力や乗り心地が確認できるため、購入を検討する人は是非試乗してみることをおすすめします。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
ポルシェ ケイマン画像