シボレーソニックというワイルドコンパクトカーのご紹介です。

シボレーソニック画像

シボレー ソニックの特徴

シボレーソニック画像

引用元:http://sport-car.akakagemaru.info/worlds-car/post-5098/

シボレー ソニックの特徴①

アメリカのゼネラル・モーターズ(GM)が「ワイルドコンパクト」と呼称した5ドアハッチバックカーです。2011年から日本国内へ正規輸入が開始されました。一番の特徴は、ヘッドライトレンズを用いず、飛び出したようなヘッドライトベセルを採用することによって一目でわかるようなフロントデザインでしょうか。「コンパクト」とは言え全長×全幅×全高=4050×1740×1525mmという大きさで、日本車のコンパクトカーと比べると若干大きめです。

シボレー ソニックの特徴②

シボレーソニック画像

引用元:http://gogo.gs/news/Detail/395

「世界戦略車」という位置づけのシボレーソニックですが、今までのアメリカ国内に置けるコンパクトカーと言えば、外観の大きさの割には室内が狭いというのが一般的でしたが、シボレーソニックは特別です。ラゲッジルームを含め国産コンパクト同様の広さを確保している事や、助手席、後部座席共に十分なスペースを確保しておりますので大人4人の乗車なども問題なく可能としております。また、ヘッドライトのデザイン等外観は日本車と比べると少々派手目なのが大きな特徴です。

シボレー ソニックの特徴③

シボレーソニック画像

引用元:https://carview.yahoo.co.jp/article/testdrive/20111007-20101027-carview/

派手な外観とは裏腹に、エンジンは少し物足りないと思う人も居るかもしれません。直噴でもなく流行のダウンサイジングターボでもなく、1.6リッターDOHCエンジン(115ps/6000rpm、15.8kgm/4000rpm)に6速ATの組み合わせで国土交通省の公表値はリッター辺り11.3kmという省燃費です、勿論乗り方次第でありますが。
アメ車らしいしっかりしたボディーの造り込みに対し足周りはイメージとしてヨーロッパ車を意識した作りという感じでしなやかさも持っているのが特徴です。

シボレー ソニックの歴代モデル

シボレーソニック画像

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%9C%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%99%E3%82%AA

シボレー ソニックの歴代モデル①

初代モデルから二代目までは実はシボレーソニックと呼称されてはおらず、シボレーアベオという名で、韓国GMが世界戦略車として生産しました。初代モデルは2002年~04年まで生産され、各国によって車名が異なり、韓国仕様車が大宇・カロスと呼ばれ、カナダではポンティアック・ウェイヴおよび驚くべきは、スズキ・スイフト+としても販売されていました。ボディタイプは4ドアセダンと5ドアハッチバックが選択可能でした。また、二代目については2005年の上海モーターショーで世界初公開され、同年9月に韓国仕様車が大宇・ジェントラとして先行発売されました。ただし、2008年まではセダンのみのラインアップとなっており、ハッチバックについては先代のカロスのマイナーチェンジ版が「ジェントラX」の名で継続販売されました。尚、デザインはGMと上海汽車との合弁で中国に設立された汎亜汽車技術中心が担当しておりました。各国での展開については、北米では2006年1月のロサンゼルスオートショーで新型が発表され、同年夏から発売。また、オーストラリアでは同年2月にホールデン・バリーナ セダンとして発売され、中国ではシボレー・ロヴァの名称で同年に発売されました。

シボレー ソニックの歴代モデル②

シボレーソニック画像

引用元:https://e-nenpi.com/article/giga/2647/6

三代目が生産開始されたのは2011年からですが、先行して2010年に5ドアハッチバックの先行コンセプト「アベオRSコンセプト」が北米国際オートショーにて発表され、市販モデルは同年秋のパリモーターショーでデビューしました。韓国仕様車はシボレー・アベオとして販売されました。尚、北米地域(アメリカ、カナダ、メキシコ)は車名が「ソニック」と命名され販売を開始し、同年11月より日本国内で正式販売が開始されました。グレードは当初はベースグレードと上級の「LT」の2種で、2012年5月にはエアロパーツとカーボン調ラリーラインを装着した「スポーツライン」を追加。全て1.6Lエコテックエンジンに6速ATの組み合わせとなり、ボディタイプは5ドアHBのみで、アベオや北米仕様のソニックに設定される4ドアセダンは用意されませんでした。右ハンドル設定のみで、ウインカーやワイパーのレバーの位置は日本車と同様にウインカーは右、ワイパーは左となっています。また、日本における特別仕様車としては2012年1月31日に限定50台でJBL製8スピーカーなどを装着した「JBLサウンドリミテッド」を発売しています。

中古車価格について

シボレー ソニックの歴代モデル①〜②

初代・二代目モデルについての日本国内に置ける流通量は殆どないと思っていいでしょう。その為、仮に初代・二代目モデルを販売店で見つけたとしても価格や状態が両極端な場合が多い可能性が高いです。貴重ではありますが、ビンテージカー扱いではありませんのでどんなにコンディションが良くとも高額な取引はまず行われておりません。

シボレー ソニックの歴代モデル③

シボレーソニック画像

引用元:http://autoc-one.jp/news/869929/


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら
シボレーソニック画像