M2に乗る前に、あえて原点の完成形であるE46型M3を味わってみませんか?という提案

そしてもう一つが、左ハンドルしか無かったM36M3に対し、M46M3では左右どちらのハンドルも選べるようになっていた事です。

その上でエンジン出力もトルクも向上し、それでなおサイズとしては全長4.5m未満、全幅1.8m未満に収まっていたのですから、エントリーコンパクトスポーツのハイパフォーマンス版として、E45M3はまさに決定版と言えます。

M2が出た今、あえて「かつてのM3を確かめる」

まもなく日本でもデリバリーが開始されるM2は3リッター直6ツインターボで370馬力/47.4kgf・mというスペック。

全幅も1.8mを超えて1,855mmとなっているので、やや大きいもののE46M3とはほぼ同じ全長・全幅で、少しだけ軽くてハイパワーなのがM2です。

しかしここであえてM2から失われ、E46M3にしか無い魅力があるとするなら、やや排気量の大きい3.2リッター直6NAエンジンによる、「回す楽しみ」としての部分でしょうか。

ツインターボによるハイパワー、大トルクを電子制御で制御する最新のM2か!

それとも、M2を待っていた人が本来待ち望んでいた姿そのものの決定版である、E46M3を今あえて乗るか?!

2001年式で走行距離も8.1万kmと、耐久性には定評のあるBMW車としてはまだまだこれからのクルマな割に、210万円と個人売買のAncarならではのバリュープライス!

新世代のM2の刺激にさらされる前に、一度「本来の姿、原点」とも言えるE46M3に乗っておくのもいいかもしれませんね!

また、E46M3の定番故障箇所、トラブルについて知りたい方は、こちらからご覧いただけます。整備工場との繋がりがあるAncarだからこそ載せらる情報もあるので、ぜひご覧ください。

新世代M2に関する記事は、こちら

 


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら