メンテナンスの心配な車たちの例…ショップや整備工場で悩んだ時もAncarにご相談を!

輸入車でも正規輸入車であれば正規ディーラーにより、本国のメーカーが部品を供給する限りメンテナンスを受けられる可能性は高くなります。 しかしそれが並行輸入車、なおかつ日本には輸出されていない仕様ともなると、途端に本国から「そのような車は日本に輸出していないので部品は出せない」と言われることもあるでしょう。 そうなると正規ディーラーがどれだけメンテナンスをしたくともお手上げで、並行輸入車が正規輸入車と異なり買い取り査定で極端になる原因のひとつです。 また、輸入車・国産車を問わず、メーカーが乗用車から撤退してしまったり、メーカーそのものがどこかに買収すらされず完全に消滅してしまった場合も、部品の供給元自体が消えてしまったのですから、通常の整備工場レベルではどうしようもありません。

「そこに一芸あり」そんな整備工場やショップが必ずある

ここまで説明したような車は、正規ディーラーや一般の整備工場だとメンテナンスが困難であり、それゆえ中古車として購入するにも二の足を踏んでしまいます。 しかし、仮にそんな車でもメンテナンスが可能であれば、どうでしょう? 普通の車より多少は高くつくかもしれませんが、それでもその車をあきらめますか? 中古車の個人売買仲介業、Ancarではさまざまな整備工場やショップと提携関係にあります。 その中には、それぞれ「ちょっとした特技」を持っている人が経営していたり、整備士として在籍しているところもあるんです。 たとえば2016年に完全消滅してしまったスウェーデンの自動車メーカー、サーブ。 通常ならば消滅した自動車メーカーのメンテナンスは難しいところですが、このサーブ車のことならば自分にまかせてほしい、と胸を張る整備士さんもいます。 ほかにも多少の問題であれば、たとえ純正部品が出なくとも工業製品、規格の合う部品を組み合わせればどうにかなるという経験と実績を積んでいるケースもあります。 ですから車を見ただけではあきらめず、Ancar出品車であればAncarに相談してみてください。 もしかしたら検討しているその車、その後のメンテナンスまで含めて何とかなるかもしれませんよ?

Ancar | Ancar(アンカー) – 中古車の個人売買

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら