カタログにある燃費と実燃費が違うワケ【ベテラン整備士が教えます!】

こちらもシャーシダイナモを使用して計測する部分では方法は同じですが、考えられる走行パターンに応じて1キロ当たりの燃費を計測し、それらのパターンの平均値をだした数字を求めた答えが、燃費であるという考え方です。 しかし、このモードの計測方法をもってしても実際の燃費とカタログ上の計測方法では誤差が出てきてしまいます。 どれくらいの誤差があるかというと。実燃費に比べて20パーセント程数値が良いという結果が出ています。 ではなぜ実燃費とここまで大きく離れてしまっているのでしょうか?

路面のミューは完璧に再現できない

皆さんはミューはご存知でしょうか? 摩擦抵抗といってしまったほうが伝わりやすいと思います。 この抵抗が低いと、物体を動かすのに必要な力は少なくなりますし逆に高ければより大きな力でないと物体を動かすことが出来ません。 これらの路面抵抗は道の状況によっても違いますし、地形の問題から勾配や空気抵抗も考えられるために燃費にとって理想的な環境ではないので、その分カタログスペック上の数値と比べて大きく下がってしまいます。 また運転環境やドライバーの運転方法によってもこの数値が変わってくるので、どのような環境でどのように運転すると燃費がいいか、またその逆に悪いのか、一度計算してみても面白いかもしれません。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら