あなたは好き?嫌い?レクサスの迫力アイデンティティ・スピンドルグリル

後期でスピンドルグリルを採用したことでデザイン上の大きなアクセントにはなったものの、最小限の変更でスピンドルグリル「らしきもの」を取り入れたという感があります。 これもあるいは「この程度の方が好ましい」と思う人はいるでしょうがインパクト不足は否めません。

そして4代目で改めて、最初からスピンドルグリルを考慮したデザインになるとこうなります。 ヘッドランプユニットも含め、全体的にスピンドルグリルとの調和を考えてデザインされた結果大型化し、テールランプユニットも含めデザインに統一感が出ました。

最初からスピンドルグリルを与えられたブランニュー・レクサス

最後に、デビュー当初からスピンドルグリルを与えられた例です。

GSをベースとした2ドアクーペとして2014年にデビューしたRCです。 堂々たる大型スピンドルグリルでデザインは最初からよくまとまっており、車名がわからなくともひと目でレクサスのクーペだとわかります。

2017年にデビューしたばかりのLCも同様で、レクサス車以外の何かに見間違えるはずもなく、逆にこれをエアロなどでスピンドルグリルで無くしてしまうと、どのメーカーの車か(特に前から見ると)わからなくなってしまうかもしれません。

レクサスのブランド浸透はうまくいったようです。

一時期、「レクサスはスピンドルグリルでのデザイン統一を断念するらしい」と言われたこともありましたが結果的にはこれが好きだと思うにせよ、嫌いだと思うにせよ、「街でレクサス車をよく見かけるようになった」と感じさせるようになりました。 あなたは、レクサスのスピンドルグリルが好きですか?嫌いですか? もし嫌いだとしても、ひと目見てそれがレクサス車だとわかってしまう。 それだけは事実では無いでしょうか? だとしたら、レクサスの狙いは見事に成功したと言えるでしょう。

Ancar | Ancar(アンカー) – 中古車の個人間売買


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら