日本が誇る伝説の名車 【R32 スカイライン GT-R】

日産スカイラインGT-R。
「GT-R」と聞くと、そこまで車に詳しくない人でも「日本を代表する最強のスポーツカー」という認識がある人は多いのではないだろうか?

そんなGT-Rの歴史の中でも16年の空白期間から復活を遂げ、新たな伝説のスタートとなった「R32  GT-R」を振り返っていく。

日産 スカイライン GT-Rの歴史。


GT-Rは皆さんが周知の通り、日産を代表する超高性能スポーツカー、いや日本を代表する…と言っても過言ではない。

初代誕生から50年の歴史があるGT-R、「日産スカイライン」の中でも自動車レースでの使用、そしてレースに勝つ為に開発された車種、グレードだ。

自動車レースにおける、あらゆるレギュレーションの中で、最大の性能を発揮する専用設計エンジンと、最新の装備が特徴であり、出場したレース全般で数々の輝かしい勝利を上げている。

【初代】前期PGC10型・後期KPGC10型
1969年に初代GT-Rが誕生した。
デビューはベース車両がセダンだった事から4ドアでの誕生となる。おとなしいボディに獰猛なエンジンという意味の「羊の皮を被った狼」のキャッチフレーズが先代プリンス・スカイライン2000GT-Bからそのまま受け継がれた。

翌年1970年にはクーペモデルが誕生し、今でも「ハコスカGT-R」の愛称で人気を誇っている。

【2代目】KPGC110型
1973年から販売開始された2代目のGT-R。
「ケンメリ」の愛称で親しまれた2代目GT-Rは、2ドアハードトップ2000GTをベースに1973年1月から4月の、3ヶ月間のみ「2000GT-R」として販売されていた。
わずか3ヶ月間…総生産台数は197台、うち195台が市販されたこのモデルは「幻のGT-R」とも呼ばれている。

しかし、使用されていたS20型エンジンが昭和48年排ガス規制に適合しなくなった為、レースへ参戦することは無かった。

【3代目】BNR32型
1989年、16年ぶりのGT-R復活!
R32GT-R開発当時、日産社内にて1990年代までに、技術世界一を目指すという、901運動が行われていた。
そして、その技術の集大成として生まれたモデル、車種のひとつが「R32 GT-R」だ。

当時、最強エンジン、2.6リットル直6ツインターボRB26DETTを搭載し、電子制御トルクスプリット4WDシステムATTESA E-TS、電子制御四輪操舵システムSuper HICASなどを装備し、レースに勝つ為に最新デバイスが投入されたモデルだ。

【4代目】BCNR33型
1995年、先代R32に引き続き、RB26DETTエンジンを搭載して「R33 GT-R」がデビューした。

R32に比べ、ボディーが大型化された事により、一部のファンなどからは不満の声がでたモデルではあったが、プロトタイプにてドイツ、ニュルブルクリンクのテストにおいて「7分59秒」というラップタイムを叩き出し、先代のR32より、21秒ものラップタイムを短縮したことで、「マイナス21秒のロマン」という言葉が、セールスコピーに使われた。

【5代目】BNR34型
1999年デビュー、「スカイライン」の名称が付くGT-Rとしては最後の型である。
この「R34 GT-R」も先代のR32、R33同様に、RB26DETTエンジンを搭載している。

先代R33で不評だったボディーサイズを縮減、ホイールベースを55mm、全長では75mmサイズダウンさせた。
記憶に新しいところだと、ワイルドスピードにて主人公のオコナー刑事が乗っていたこともあり、アメリカでも人気のモデルである。

現在では国内にて車両の程度にもよるが、新車価格を大幅に上回る、、2000万円以上などで取引されているモデルとなっている。

その後「スカイライン」の名称が外れ、「日産 GT-R」の名称で現在もR35として伝統を引き継いでいる。

R32 GT-Rの伝説


そんなGT-Rの数々のモデルの中、「R32 GT-R」は、なぜ伝説の始まりとされているのか?

16年の時を経て、復活デビューをしたGT-R、「R32 GT-R」
レースに勝つ為に開発されたこのモデル。
まさにその戦績が物語っている。

それは、遡ること1990年、全日本ツーリングカー選手権のグループAに参戦した「R32 GT-R」は、とてつもない速さで自動車ファン、モータースポーツファンに衝撃を与えた。

当時、国内外のツーリングカーレースにて最強とされていた、フォード・シエラRS500。
なんと!レースの1/4を終えた時点で、フォード・シエラRS500を周回遅れにして「R32 GT-R」はデビューと同時にレースで圧勝した。

そして、その後のレースでも勝ち続け、1990年から1993年の4年間、全日本ツーリング選手権、無敗、29連勝という伝説を成し遂げたのだ!

CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら
安く購入できるかも!?

【Ancar 個人間売買 出品中の掲載車両】


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

1 個のコメント