駅のロータリーでの停車はどこまでOK?そもそも公道なの?

道路交通法で人の乗り降りは駐車に入らないと定義されていますが、よく見なくてはいけないのが条文の最初の方。「車両等が客待ち、荷待ち、貨物の積卸し、故障その他の理由により継続的に停止すること」と書いてあります。つまり、駅のロータリーで人を乗せる為に車を止めて待つことは駐車に当たるのです。さらに言えば、多くの人が誤解をしていることとして、車に人が乗っていれば駐車違反にならないということがあるのですが、それも間違っていて、人が乗っていたとしても人の乗り降りか5分以内の積み下ろしでなければ駐車となり、駐車違反を取られます。よく、放置車両に切符を切っているのは放置駐車違反を摘発する人であり、決して駐車違反を摘発する人ではありません。そういった人たちは、人が乗っていると見向きをしないのでこういった誤解が広まったと考えられます。

停車でも違反になる場合

停留所から半径10m以内の場所

駅のロータリーで人の乗り降りや5分以内の荷物の積み下ろしだったとしても違反となるケースがあります。それは停留所から半径10m以内の場所です。駅には必ずと言っていいほど、バスやタクシーの停留所があります。道路交通法においてバスや乗合自動車等の停留所から半径10m以内の場所は駐停車禁止となっているため、少しの間だったとしても車を止めてはいけません。駅に行くと、うっかり停車なら大丈夫と止めてしまうことがあるので注意しましょう。

そもそも駅のロータリーは公道なのか

土地は鉄道会社が買った私有地では?

駅のロータリーがそもそも公道なのかどうかといったところを疑問に思う方は少なくないと思います。駅の建設物が建ったりしているので私有地だと考える人もいるでしょう。私有地であれば道路交通法は適用されないので駐車違反ということもなくなるはずです。しかし、例えそこの土地が鉄道会社が買ったものだとしても不特定多数の人が出入りできる土地は「みなし公道」として道路交通法が適用されます。そこに交通が発生するからです。駅以外にも、ショッピングモールの駐車上などに道路交通法が適用されるのは、不特定多数の人が出入りできる土地となっているからです。ですので、駅のロータリーでも駐車場でも道路交通法はしっかりと守るようにしましょう。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら