ポルシェボクスターの主な維持費6つ!維持費を抑える方法とは?

忘れてはいけない維持費は、駐車場代です。車庫証明が必要になりますが、とにかく車を保管する場所は絶対に確保しなければいけません。特にポルシェボクスターは高級車ですから、ある程度セキュリティーのしっかりしたところに停めておきたいでしょう。駐車場代は都市と地方で大きく違いますが、都市部であれば月に約3万円、地方であれば月に5千円くらいのところが多いようです。年間で見ると大きく差が開くことがわかります。

主な維持費6:車検費

車を買う上で絶対に必要となるのが、車検費用です。車検の年が来るたびに面倒だという声も聞こえますが、安全に車に乗り続けるために、この制度は欠かすことができません。車検費用も安い金額ではありません。様々な要素が組み合わさって車検の整備費用となるため、ここではさらに三つの項目に分けて詳しく解説をしていくことにします。印紙代、重量税、自賠責保険の費用がかかります。

車検で払う法定費用:印紙代

まず必要になるのが、印紙代です。車検をする時にかかる事務手数料のようなものです。印紙という言い方からもわかるように、この代金は現金やカードではなく、印紙を購入してその紙で支払います。ポルシェボクスターは3ナンバーになりますので、一般的な継続検査でかかる費用は、印紙400円と証紙1,400円の計1,800円となります。(2020年4月現在)

車検で払う法定費用:重量税

車検費用として次にかかってくるのが、重量税です。重量税とは、車の重さによって値段が変わる税金のことです。ボクスターの車検は2年に一回なので、2年分の重量税を支払うことになります。車両重量1,000kg超~1,500kg以下のポルシェボクスターの重量税は24,600円となりますが、13年経過すると重量税がプラスされますので注意が必要です。(2020年4月現在)

車検で払う法定費用:自賠責

最後にご紹介するボクスターの維持費は自賠責保険です。自賠責保険とは正確には「自動車損害賠償責任保険」と言いますが、万が一人を巻き込んだ事故を起こしてしまった場合に、その賠償をするための保険です。加害者が保険に入っておらず、被害者が泣き寝入りする事態を防ぐための保険です。ボクスターは普通自動車で2年ごとの車検なので、一回で25,830円の費用がかかります。(2020年4月現在)

維持費を抑える方法3つ

ボクスターでなくとも、車を持つということにどれほど維持費がかかるかご認識いただけたのではないでしょうか。ボクスターの場合は部品の交換費用も嵩むため、30万円くらいは車検のたびに用意しておいてほうが良いでしょう。維持費を少しでも抑えるために、ここからは三つの節約方法をお教えします。お金に余裕があるのと、お金を無駄に払うのとは全く違います。

方法1:綿密にローンを組む

第一にあげられる維持費を抑える方法は、緻密にローンを組むことです。一括で車を購入する方もいらっしゃいますが、ほとんどの方はローンを組むのではないでしょうか。ローンの組み方にもいろいろあり、期間や、ボーナス払いなどがあります。財政状況にあったローンを組むことが大切です。ボーナス払いにするよりは、頭金を入れて定額で支払ったほうが負担が少ないというデータもあります。ファイナンシャルプランナにと相談する方法もありますので、専門家の意見を参考に維持費を抑えましょう。

方法2:こまめにメンテナンスをしながら乗る

維持費を抑える上で次に大切となるのが、こまめにメンテナンスをしながら乗るということです。例えばエンジンオイルの交換は、義務ではありません。ですがポルシェボクスターは、メーカーから一年に一回の交換が推奨されています。エンジンオイルの交換をせずに放っておくとトラブルが起きて、より金額が嵩みます。特にボクスターは外車であるため、修理費用や部品費用が高くなる傾向があります。こまめにメンテナンスすることが結果としては金額を抑えられる、ということが言えるのではないでしょうか。

方法3:任意保険の見直しをしてみる

維持費削減で最後に大切なのが、任意保険の見直しをすることです。加入した時とは状況が変わっていることが多いです。年齢や走行距離、事故歴などによって、最初の保険よりも見直しをすることで安くなる場合があります。途中で解約して戻ってくる金額で新たに保険に入り直したほうが良いこともあります。保険のアドバイザーも今は多くあります。ネットでも見直せる時代なので、まずは見直しをしてみましょう。

ポルシェボクスターの維持費について知ろう

 

ポルシェボクスターについて、その魅力と維持費についてみてきました。ポルシェはとても魅力的な車です。1,000万円近い金額を出しても買う価値がある車です。購入する際には維持費のことも考えて購入しなければいけません。今回ご紹介したポルシェの6つの項目を確認いただき、維持費を具体的に知る前に比べ購入するビジョンが明確になったのではないでしょうか。ぜひ、楽しいカーライフを送りましょう。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら