ランクルにかかる主な維持費7つ!ランドクルーザーの特徴も紹介!

ランクル100は、盗難が相次いだモデルでした。現在でもランクルはターゲットにされる場合が多く、盗難防止費用は維持費として欠かせない科目です。トヨタの純正品として通報型オートアラームがついた車や、盗難警報システム、カーロックなどが盗難防止のアクセサリーとして販売されてます。価格帯は安いものでも30,000円以上と高額ですが、愛車を守る維持費としては妥当と言わざるを得ません。

維持費7:消耗品・修理費用

ランドクルーザーは耐久性が高い車です。整備性も高く古いモデルでも部品が手に入りやすいことから、長く使うことができます。しかし、頑丈と言っても壊れないわけではありません。オイル漏れなどの小さな不具合はあります。また、車体が大きいためタイヤの径数も大きくなり、エンジンオイルの使用量も高いです。消耗品や修理費用はあらかじめ維持費として考えておく必要があります。

ランクルの維持費を安くする方法3つ

ランクルの維持費を安くする方法はあります。5人乗りにして1ナンバー登録をする、ユーザー車検に挑戦してみる、メンテナンスを自分で行うなどです。もちろん、これらのことを行うのにはメリットもありますが、デメリットもあります。自分に向くか向かないかもあるでしょう。ここでは維持費を安く抑えるための、誰にでもできる簡単な方法をご紹介します。

方法1:車検代が安い業者を選ぶ

車検は自家用車であれば2年に一回、貨物登録では毎年行われます。車検は車の維持費で必ず掛かる費用です。自動車税は安くすることができませんが、車検は下調べを念入りにすることで安く上げることができます。検査手数料や点検料、整備料が安く、車を安心して預けられる整備工場を普段から探しておきましょう。複数社から見積もりをとる、普段からアンテナを広げておく、などは維持費を下げる一つの手です。

方法2:保険料を再考する

任意保険料を再考するのも維持費を下げる手段として有効です。インターネット保険などを利用して見積もりを複数社とる、車の年数によって車両保険を引き下げるなど保険内容を見直すことで、維持費を抑えることができます。事故を起こさないことが保険料を下げる1番の方法です。保険を使わないように事故を起こさない安全で余裕のある運転を心がけましょう。

方法3:燃費のいい運転を心がける

燃油費も維持費における割合の多い科目です。燃費は運転者の心がけ一つで上がります。「急」の付く運転をしない、適切な速度を維持する、交通の流れを読むなどの配慮をしましょう。燃費の良い運転は事故を起こさないことにも繋がります。また、きちんとした整備も燃費の向上に役立ちます。タイヤの空気圧を適正寄り少し高めにセットする、エンジンオイルの交換を行うなども燃費の良し悪しに関わります。

ランクルの維持費を抑えて節約しよう!

ランクルは耐久性の高い車です。しかし、故障しないわけではありません。ランクルの維持費を最小限に抑えるには、日々のメンテナンスが必要になります。特にランクル70や80などの古いモデルに乗っているのであれば、さらにメンテナンスは重要です。自分でメンテナンスを行うことで、維持費を下げ、車に愛着が生まれます。細かなメンテナンスを自分でしてみてはいかがでしょうか。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら