ピックアップトラックのおすすめ6選!メリットとデメリットについても紹介

おすすめピックアップトラックのメリットの1つ目は、アウトドアなどを楽しむときでも、たくさんの道具を積むことができる広い荷台があることです。ピックアップトラックの広い荷台があれば、砂が気になるマリンスポーツ用品や土で汚れたキャンプ用品を積んでもホースで気軽に水洗いできるなど、使い勝手が良いところが大きなメリットです。

メリット2:見た目が良い

おすすめピックアップトラックのメリットの2つ目は、乗用車に劣らない操作性を備えていることや、外観がスタイリッシュで見た目が良いことです。ピックアップトラックは、運転席の下にエンジンがあるキャブオーバータイプのトラックと異なりデザインやスタイルが良いことから、老若男女問わず、幅広い年齢層の方が気軽に買い物などで利用できます。

メリット3:税金が安い

おすすめピックアップトラックのメリットの3つ目は、普通自動車登録の3ナンバーと比べて自動車税や重量税が安くすむところです。現在、所有されている車両と比較されたい方は、経済産業省や一般社団法人日本自動車連盟 (JAF)で紹介されている資料を基に比較されてみてはいかがでしょうか。

ピックアップトラックのデメリット

おすすめしているピックアップトラックにはさまざまなメリットがある反面、いくつかのデメリットがあります。ピックアップトラックに限らず、何ごとにも見方や立場によって利害得失が伴うことは致し方ありません。ここでは、ピックアップトラックに関するデメリットを紹介いたします。今回は、デメリットの中でも生活に直結する可能性の高い「車検が年に1回」「高速料金が高い」にスポットをあてて解説していきます。

デメリット:車検が年に1回

ピックアップトラックのデメリットの1つ目は、基本的に1ナンバーの貨物車登録であることから、毎年車検を受けなければならないことです。なお、ピックアップトラックの初回に受ける車検は、車両総重量が8トン未満の場合は新規登録から2年となっていて、車両重量が8トン以上の場合は新規登録から1年となっています。車両税や重量税で優遇されていますが、毎年車検を受けなければならないところがデメリットです。

デメリット:高速料金が高い

ピックアップトラックのデメリットの2つ目は、高速道路や自動車専用道路の車両区分は中型車の扱いとなるため、同じ距離を走行すると普通乗用車より通行料が高くなることです。例えば、同一条件(2020年4月21日16時・ETCなし・東京ICから東名高速道に乗って松本ICまで走行)で算出した場合、普通車が6,080円で中型車が7,270円となるため、同じ距離を走ってもピックアップトラックの方が1,190円料金が高くなります。

ピックアップトラックを購入する前にメリットとデメリットについて知っておこう

ピックアップトラックの人気が高い理由は、大型トラックと同じ1ナンバーにも拘わらず普通免許で運転できる場合があることが挙げられます。ただし、車両総重量(3.5トン未満)・最大積載量(2トン未満)・乗車人数(10人以下)の条件が1つでも欠けると適用除外されます。税金や通行料と合わせてピックアップトラックの車種を選ぶ際の参考にし、家族と一緒に素敵なカーライフを楽しんで下さい。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら