【2020年】超高級ミニバン5選!高級ミニバンを買う人はどんな人?

こちらもアルファード・ヴェルファイアと並びミニバン界を引っ張っているエルグランド。エルグランドの特徴としてミニバンでありながら低重心であるため、風の抵抗を受けにくく走行性能において非常に安定した走りを見せてくれます。もちろんエルグランドにもオットマンがついているのですが、エルグランドのオットマンは助手席と後席の3つの席で同時に使うことができます。意外にも同時にオットマンを使える車というのは非常に稀です。

グランエース

https://toyota.jp/pages/contents/granace/001_p_001/image/design/exterior1.jpg

https://toyota.jp/pages/contents/granace/001_p_001/image/design/interior1.jpg

価格 650万円

2019年12月から日本で販売が開始されたグランエース。この車を”ミニ”バンと言っていいのかわからないくらいに大きな車です。室内の広さはアルファードやエルグランドよりも広く、三列シートそれぞれにきちんと快適に過ごせるスペースが確保されています。多くの三列シートのある車だと三列目がどうしても粗末になってしまいがちであったり、二列目と同様な装備が付けられないことが多いですが、この車ではそれがないのが特徴ですね。三列目の席にもオットマンがついていますし、電動リクライニングも装備されています。

ベンツ Vクラス

https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/v-class/v-class-mpv/explore/concept-br447/_jcr_content/par/videoimageslider/slides/videoimageslide/image.MQ6.0.20191016135035.jpeg

https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/v-class/v-class-mpv/facts-and-lines/interior-br447/_jcr_content/highlightcontainer/par/highlighttile_12a1.MQ6.0.20191016135051.jpeg

価格 740万円

ドイツの高級車メーカー、メルセデス・ベンツの作るミニバンのVクラス。こちらも先ほどのグランエース同様ミニバンと呼ぶのがふさわしくないほどの大きさですが、その装備も高級車メーカーらしく気の利いたものとなっています。ヘッドレストには専用のクッション、電動オットマン、そしてリラクゼーション機能までついています。エンジンも外車らしくディーゼル仕様となっておりトルクフルな走りが期待できます。

レクサス LM

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/5/5e/Lexus_LM_002_%28cropped%29.jpg

価格 1890万円

こちらは今まで紹介してきたものとは違い、日本ではまだ販売されていないのですがこれから販売される可能性があるということで紹介していきます。ベースはアルファードと同様のフォルムとなっており、7人乗り仕様は内装も含めてほとんどロイヤルラウンジと同じような作りになっています。しかし、こちらは4人乗り仕様がメインで26インチのモニターや冷蔵庫がついていたりと至れり尽くせりのリビングのような内装です。エンジンもハイブリッドのみとなっており、静粛性が確保されています。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら