ドリフト文化はなぜ廃れていったのか。

ドリフトを行うとタイヤが滑る際に発生するスキール音が度々問題となり、周辺地域に住んでいる住人の方に迷惑をかけてしまうという問題が発生します。また、峠の狭い道でのドリフトは少しの失敗でも事故につながりかねないのでとても危険な行為です。またドリフトに失敗してスピンしガードレールや民家に追突してしまうなどの事故があとを絶ちません。このようなことから警察による見回りや路面に凹凸をつけて物理的にドリフトができないようにするスピードセーブ工法や路面に溝を掘りドリフトしにくくするグルーピング工法で峠でのドリフト走行を制限しています。場所によっては本格的に夜間の走行を規制する峠も現れており、現在ドリフトを楽しめる峠はほとんどありません。峠や公道でのドリフト走行は危険性も高く、法律の範囲を超えた走行方法なので推奨しません。

今でもドリフトできる場所

気軽にドリフト走行できるサーキットもありますが必要な装備も多くあります。まずスポーツ走行に耐えられる車も必要ですし、安全を考慮したレーシングスーツやヘルメットの購入も検討する必要もあります。また通常のシートベルトでは危険なので4点式以上のシートベルトにする必要があり、前準備だけでも費用がかかります。スポーツ走行する際は安全第一で行い、走行をより楽しく行いましょう。

日光サーキット

日光サーキットでは全日本プロドリフト選手権通称D1グランプリが開催されていた場所として有名なサーキットです。また日光サーキットでスポーツ走行する場合はライセンスの取得が必要なので初めて行く際は初期費用などがかかります。コースは小さく短いですが大会で使用されることもあり、非常にテクニックを必要とするコースです。日光サーキットでドリフトを練習すればテクニックを磨けるかもしれません。

筑波サーキット

筑波サーキットではジムカーナ場としてドリフトのできる場が提供されています。ジムカーナコースでは普段乗っている車で参加できるので気軽に参加でき、ドライビングテクニックを磨くのに適している場所です。しかし筑波サーキットでは個人単位でスポーツ走行枠を設けておらず、気軽に練習したい方には向いていません。ジムカーナコースで走行するには定期的に行われているさまざまな団体の走行会に参加する必要があります。コミュニティに参加することで新たな出会いがあったりノウハウの共有ができる優位性があります。

富士スピードウェイ

富士スピードウェイではドリフトキングこと土屋圭一氏が監修して作られたドリフトコースがあります。細長くコースは高速コーナーとタイトなコーナーが織り混ざっているのでさまざまなパターンのドリフトを練習することができます。またドライビングスクールや練習会などが定期的に行われているので初心者でドリフトの色はを知りたい方にオススメのサーキットです。また、大会も開催されるので腕に自信のあるドライバーの方や自分の腕を確かめたい人も実力を試すことができます。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら