スバルは元々飛行機の研究所だった?スバルの歴史と名車たち

レガシィが上級な車種へと移行したために発生したラインナップの穴を埋め、ヨーロッパ市場を狙ったスバルの世界戦略車としてインプレッサは開発されました。インプレッサはモータースポーツ、中でもラリー競技で多くの活躍を繰り広げスバルの知名度をより高めて行くこととなりました。世界ラリー選手権(WRC)と呼ばれる大会ではシトロエンやプジョーと互角の戦いを繰り広げ、スバルの開発力の高さや製造する車の性能の高さが証明されました。常に国内イベントでは上位争いに参加しており、インプレッサはスバルのブランド的イメージの構築に大きく貢献しました。

スバル・BRZ

スバル・BRZはスバルとトヨタ自動車が共同開発したスポーツカーです。またこのBRZはスバル初の後輪駆動車です。BRZの兄弟車として共同開発したトヨタ・86が挙げられます。車名の由来はBボクサーエンジン、R後輪駆動、Z究極を意味しています。トヨタ・86との相違点はフロントグリルの形状が違うことやスバルブルーと言われるスバル独特の青色が追加されています。また乗り味も違いトヨタ・86は後輪を滑らせて楽しむドリフト走行に適した乗り味なのに対して、BRZはグリップ走行を重視した後輪の滑らない安定した走行を楽しむことができます。

スバルの魅力は一体?

スバルは日本を代表する自動車メーカーですが、なぜここまで世界的に人気のある自動車メーカーに成長してきたのでしょうか。その人気の裏には何か魅力があるからこそ支持されているのかもしれません。

スバルがこだわる水平対向エンジン

https://www.subaru.jp/boxer50/?1ef10730

水平対向エンジンは最も振動特性に優れたクランクやシリンダー形式のエンジンの中でバランスウェイトを使用することなく2次以上の振動まで相殺することが可能です。水平対向エンジンは特別な細工を施さなくても等間隔燃焼となります。それに比べて直列型エンジンやV型エンジンでは小気頭数において等間隔燃焼と低振動の両立はできません。また水平対向エンジンはV型エンジンなどと比べて全高が低いので低重心化の実現やボディを薄くできます。さらに、スバルの開発するSUBARU BOXERエンジンの特徴としてはエンジン音の音色が挙げられます。BOXERエンジンの音は低く排気音の連続性がなく途切れ途切れの音は多くのファンに愛されているスバルサウンドです。

スバル独特なブルー

スバルの特徴の一つと言えるスバルのブルーは6つの星が黄色く記されているロゴマークと青を組み合わせることで星空をイメージさせるために使用したのが始まりです。スバルブルーは6つの星があってこその青です。現在でも人気のこのカラーはWRXやBRZなどの最近の車にも受け継がれており、現在でも人気のカラーとして愛されています。

スバル車の安全性能の高さ

スバルの車は世界でも人気があります。人気な理由として安全性能の高さが挙げられます。スバルの安全性能はアメリカ道路安全保険協会のIIHSが実施する安全性能評価の中で7つの車種が最高ランクを獲得しています。実際に事故に遭った人は「車が守ってくれたから怪我をせずに済んだ。次もスバルを選ぶ。」と話していたり、「どうしてスバル車に乗っているかって?停車中に65kmの車に正面から衝突されるような不測の事態が起こっても外に出て写真を投稿できるからね。」と答えていたりと高い評価を得ていることがわかります。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら