マツダのルーツはコルク栓?ライトウェイトスポーツのマツダ

サバンナクーペの後継機としてサバンナRX-7として1978年に販売が開始されました。サバンナRX-7はマツダSAプラットフォームが用いらており、12A型水冷2ロータリーエンジンを搭載していました。その後フルモデルチェンジを機に、5チャンネル体制の一つであったアンフィニティブランドからアンフィニ・RX-7へと名前が変更されました。フルモデルチェンジ後のRX-7はシーケンシャルツインターボ搭載13B型ロータリーエンジンを搭載していました。

マツダ・ロードスター

グランツーリスモ®SPORT_20190924163201

当時のマツダが行なっていた5チャンネル体制のうちの一つであるユーノスが販売する車種第一弾としてユーノス・ロードスターが発表されました。人馬一体をキーワードに開発されたロードスターは非力ながら操る楽しさを教えてくれると高い評価を得ていました。デザインは日本の伝統を記号化したものが多く採用されました。フロントマスクは能面の一つである小面、リアコンビランプは江戸時代の両替商が使った分銅の形をデザインに落とし込んでいます。

マツダの魅力って一体どんなところ?

マツダは日本を代表する自動車メーカーですがなぜここまで世界的に人気のある自動車メーカーに成長してきたのでしょうか。その人気の裏には何か魅力があるからこそ支持されているのかもしれません。

マツダのデザイン

1990年代に販売されていたRX-7やユーノス・ロードスターは今見ても美しい曲線美と造形は今の車と比べても優れているように感じます。しかし近年のマツダデザインも負けていません。新しいマツダの戦略で車のデザインは統一されているものの、一目見ればマツダとわかるかっこいいフロントグリルはマツダの新しいブランドイメージを築き上げています。

マツダのクリーンディーゼル

ガソリン価格が高騰するこの時代ではお財布の救世主であるディーゼルエンジンを搭載する車は環境に悪影響を与えるのではないかと言われ一時期絶滅しかけていました。しかしディーゼルエンジンはCO2の排出量がガソリンエンジンよりも少なく済み、環境に優しくできています。マツダのクリーンディーゼルはディーゼルのデメリットであった排気ガスの浄化や黒煙のカット率が上がりエンジンの騒音も抑えられ静かなエンジンです。

マツダ独自のロータリーエンジン

今現在マツダのラインナップにロータリーエンジンを搭載した車は残念ながらありません。しかしマツダの乗用車用エンジンとして量産する力や技術は他のメーカーにはないものであり、マツダを代表するエンジンでした。製品の製造はしていないものの、ロータリーエンジンの研究開発は今現在も行われており、次世代の自動車としてRX-9出ると噂されているほど期待されています。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら