大雨・洪水で水没した車はどうなるの?正しい対処法と保険について

台風やゲリラ豪雨などの洪水で車が沈没してしまった場合は保険が適応されます。しかし、車にかけている保険の内容で変わります。車両補償が含まれていない保険に加入している場合は水没で車両が全損しても保険適応外となります。また雨などの自然災害で浸水した際は保険適応となりますが津波による浸水は保険適応外です。

台風やゲリラ豪雨などの災害での被害はそれぞれ違いますが、車の損害額から免責金額を引いた金額が支払われます。水没などの被害は全損扱いとなるようです。もし保険内に車内身の回り品特約がついていれば車内にある所有物に対して保険金が支払われます。

修理するか廃車にするか

車が天災で浸水してしまった場合その車を修理するか廃車にするか悩むと思います。浸水した車は修復歴ありになってしまい買取額もかなり下がってしまいます。また修理したとしても修復するべき箇所が多く修理費用は高額です。また汚水の浸入によって発生したカビや雑菌の発する匂いは隅々まで掃除したとしても落としきれません。

保険会社によって変わりますが、ソニー損保では豪雨による被害で車両保険と車内身の回り品特約のどちらかもしくは両方を支払いした場合、翌年の等級は1ランクダウングレードします。自分の加入している保険はどのような保険で、もし被害にあった際にどのような補償を受けられるのか確認することをおすすめします。

保険を適応したとしても水没の被害は甚大で修理費をカバーしきれません。比較的新しい車であればお金を払い車を修理する人もいますが、7年以上経過している車を修理してまで乗る人は割合として少なくなっています。水没してしまったら気に入っている車でない限りは金銭面を考えて買い換えるほうが良いのかもしれません。

もし自分の愛車が水没してしまったらショックで立ち直れないと思います。貴重な車であればあるほど心身にかかる負担は大きく、立ち直るのには時間がかかるでしょう。自分の愛車のためにも適切な行動をとり、最悪の事態を防ぐことが今すぐにできる最善の策です。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら