Googleマップを活用すれば愛車を見失わない?駐車場をピン留めする機能など!

 

認知されていない便利な機能

タイムラインを活用してGPSロガーの代わりに

GoogleマップにはGPSロガーとしての機能もあります。GPSロガーとは、過去に自分が歩んできた道を記録してくれる機能で、Googleマップ上ではタイムラインとして表示されています。この機能は旅先で歩いた道を記録して楽しんだり、自転車で走った道や距離を共有するために使われたりしています。旅先でこの機能を使い、もう1つの思い出を共有する方法として活躍すること間違いなしです。しかし、このタイムライン機能はGPSロガーの簡易的な機能であり、正確に動作しない場合や標高などは測れないのでプロなどが記録用に使うなどの本格的な用途には向いていない可能性があります。

交通状況を確認して混雑を回避する

通勤時や車で移動する際に、交通状況がわかると事前に想定して迂回ルートを設定できるので時間短縮になりますよね。Googleマップでは詳しい交通状況を確認でき、色で交通状況が細かく表示されるのでわかりやすいです。ルート検索以外で道の交通状況を確認できるアプリは珍しいです。メニューにある『通勤』ボタンに自宅と目的地をあらかじめに設定しておくことで、電車の時間を検索する手間を省けて非常に楽です。

インドアマップで買い物を快適に過ごす

Googleマップでは一部建物の屋内マップが用意されており、建物の中で迷った際も確認できます。またワンフロアだけではなく全ての階が対応していて、あらかじめに建物の中を調べておけば当日に迷わず買い物ができます。今後インドアマップ対応のお店が増えることに期待したいです。

駐車場で自分の車を見つけやすく

大きな駐車場のあるショッピングモールやテーマパーク、アウトレットモールなど広い駐車場では車を見失うのは誰もが経験すると思います。特に日本では車の色が白と黒に近い色の車が多く尚更見つけ出しにくいです。駐車場には車の見失い防止のためにアルファベットや数字があちこちにありますが、忘れるときはその文字すら忘れてしまいますよね。

そこで、Googleマップには自分の車を駐車場内のどこに停めたか位置を記録する機能が登場しました。車で移動して駐車すると、『駐車場として設定』と出てくるので『設定』を押すだけで記録してくれます。この機能を活用すれば駐車場で自分の車を見失ったあの焦りから解放されるのです。

現在ではアンドロイド版限定ですが、有料駐車場に停めた際の残り時間をリマインダーに登録できる機能が実装されています。無料の時間が決まっていたり、時間ごとに追加の課金が必要な駐車場で活躍する機能です。また駐車場を登録する際、一緒に写真やメモを残せるので活用すれば見失うことを二重で防げます。移動するごとに古い駐車場は削除され、新しい駐車場がマップに表示されるので、何個も駐車場が登録されてしまい訳が分からなくなるという心配もありません。

Googleマップはゼンリンが抜けてから仕様が大きく変わりました。明らかにゼンリンがいた時代の方が情報も的確で扱いやすかったです。しかし、AIによるディープラーニングのおかげでいつの日かGoogleマップが圧倒的な情報量を活用し人々の生活を支えてくれる時が来ることを楽しみにしています。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら