簡単にできる車内清掃、掃除機だけではダメ!大切なのはこれだけ!

洗浄剤を吹きかけ、タオルで吹いていくというのが基本の清掃です。フロントガラスから、ハンドル周りまで全て吹いていきます。アルコール入りで揮発性の高い洗浄剤ですが、拭き残しには気をつけましょう。暖かい時間にドアを開けて清掃をすると洗浄剤が蒸発しやすく、車内が湿っぽくなりませんよ。 そして、エアコンの掃除しにくい隙間には指先や先の尖った棒を使います。割り箸でも大丈夫です。↓のようにタオルを被せてエアコン部を掃除します。エアコン周りもホコリが溜まりやすいですからね。しっかり隙間を洗浄剤で拭きましょう。 次はパネルやボタン類を掃除していきます。ここはタオルとブラシを使って、隙間・溝まで丁寧に掃除します。ボタンは頻繁に触れるところですから、手垢などが付着しています。放っておいたら掃除もどんどん面倒になるので簡単に落とせるうちに掃除しましょう。車内の清掃にブラシを使うのは意外ですよね。もっと大雑把にガシガシ拭いていくのかと思いがちですが、車内清掃で大切なのがこの工程なのです。そう、車内清掃のコツは

細部まで綺麗にすること

そんな細かいところ…。と思うかもしれませんが、細部まで綺麗にすると全体的に綺麗な印象を与えます。特にインパネなど目につきやすい部分は細かいところまで目に入ってしまいます。そういったところも綺麗であれば、「まるで新車のよう」という印象を与えることができるのです。

ドアの内側も意外と汚れている

意外と忘れがちなのがドアの内側ですが、雨で濡れたり泥が跳ねたりする部分です。ドアの開閉でも必ず手で触れる部分ですし、意外と汚れやすいのです。ここも洗浄剤とタオルを使って綺麗に拭きあげましょう。

最後に

今まで紹介した車内清掃ですが、実は動画にまとめております。清掃しているのはAncarのおまかせ出品でお預かりしたお車です。お預かりしたからには、できる限り綺麗な状態で次のオーナー様へお渡ししたい。そのような思いで洗車・車内清掃をしております。

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら