【トヨタラウム】セカンドカー時代の幕開けとその背景とは

ガソリン代

11km&カタログ燃費×軽油110円、レギュラー120円、ハイオク130円、):74,070

駐車場代:1万円

任意保険代(年齢30歳、免許証ブルー、30歳以

上限定、本人限定、車両保険無し、新規で申込、

年間走行距離11000km以下):53,660

オススメのオプション3選

ラウムに欲しいオプション①「トランクションコントロール」

トヨタラウムには、オプション設定でトランクションコントロールを付けることが可能です。滑りやすい路面では、急発進や加速時にタイヤが空転し車両がふらついてしまうリスクがあるため、この機能を付けることでタイヤと地面の設置状態を安定させることができます。ラウムはウェルキャブとして使用されるケースが多く、身障者をより安定した状態に置くことが大切なポイントです。オプション価格で税抜8万円ですが、あると便利な機能です。

ラウムに欲しいオプション②「ナビゲーションシステム」

トヨタラウムは、ボイスナビゲーションシステムをオプション設定にしています。税抜で29.5万円ですが、G-BOOK対応で音声付きのバックガイドモニターを付けることが可能です。このナビゲーションシステムによって、街中の移動がスムーズになるだけでなく、駐車のサポートもしてくれるため、運転技術に自信のない方におすすめの機能です。

ラウムに欲しいオプション③「スマートドアロック」

スマートドアロックリモートコントロールは、ラウムの「Gパッケージ」で標準仕様、廉価モデルには設定がありませんが、「Cパッケージ」「Sパッケージ」ではオプション設定になっています。税抜で2.5万円ですが、キーを差し込まずにエンジンを始動できることで、取り出しの手間が省けて運転前準備が楽になるため便利です。

まとめ

トヨタラウムは歴代2代に渡り活躍し、201110月に販売を終了しましたが、ユニバーサルデザインを追求した新しいコンセプトの車として注目を集めました。事実上の後継車両としてトヨタスペイドが20127月に登場し、あらゆるユーザーにとって使いやすい車づくりの役目を引き継いでいます。トヨタラウムは、中古車市場では現在でも根強い人気があるため、要求性能や価格帯に見合う一台を見つけ、快適なカーライフを過ごしていきましょう。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら