車の走行中、助手席で寝ていいの?違法性は?検挙されるの?

    リクライニングを倒してシートベルトをした状態で事故を起こすとサブマリン現象という二次被害が起き、事故では大きな怪我を負わなくても、二次被害で大きな怪我をしてしまうということも十分にあり得ます。

    シートベルトは基本的に丈夫な素材で作られおり、力をいっぱい込めた所で破れたりしないため、もし乗車姿勢を悪く乗車していて、事故の際に首にシートベルトが巻き付いたなんてことを考えると想像をしたくない結末を迎えてしまうこともあるかもしれません….

    もちろん、シートベルトをしないことは論外ですが、シートベルトをしていれば安心と安易な考えをするだけでなく、シートベルトの装着+正しい乗車姿勢で安全性が高まるということを頭においておきましょう。

    違法性

    基本的に、過度なリクライニングを規制するような法律は今の所ありません。そのため、リクライニングをして、走行中にリクライニングをしていたとしても法律にふれることはないでしょう。実際、道路交通法にはシートベルトの装着方法まで書かれていないため、違法性を問いにくい部分ではあるとは思います。しかし、シートベルトを”装着”するということは、結果的に正しい装着姿勢でないといけないという解釈もできるので、違法性がないからとは言え、きちんと装着していなくてもよいという意味ではないと考えられ。

    検挙されるかどうか

    違法性のパートで書いた通り、法律に違反するわけではないので、基本的には検挙はされないと考えておいても問題ないです。しかし、拡大解釈もしやすいため、「正しく装着されいない=装着していない」と同義に捉えられれば検挙される可能性はあります。

    そのあたりは、警察官によって対応がそれぞれの部分もあるため、確実なことは言えませんが「きちんと装着する」という当たり前のこと、守っていればとくに問題になる部分ではないと思います。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか?違法性や検挙される確率はあまり高くなさそうです。しかし、そこは安全を気にして正しい着座姿勢で座るという基本的なことを守りましょう。

    事故を起こしてからでは取り返しのつかないことになってしまいます。

    また、体がつかれた時は休みながらするお出かけもいいのではないでしょうか?

    そんな心の余裕を持ちながら長距離のお出かけを楽しむことができるといいですね。

     クルマの相談所



    クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

    本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

    故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

     ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

    「90万円」高い売却に成功! K様



    コメント:
    愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
    改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

    高く売却できる『おまかせ出品』

    価格の交渉ができるかも!?

    詳細&査定はこちら

    Ancarのサービス詳細はこちら