【アニメと車】公道の最高速度を叩き出せ!!湾岸ミッドナイト~悪魔のZ~

車重は約1100kg・馬力は130~150馬力を発生。最高時速は180~210km/hを可能とさせました。
ハイパワーが得意の日産らしいスポーツカーです。

この時代から「フェアレディZ」の名が広がり、現在は「Z34型」のフェアレディZが名前を受け継ぎ、親しまれています。

昔の日本車は嫌われていた?

当時の日本国内で一番人気を誇っていたのが、「ハコスカ」や「ケンメリ」と呼ばれていた「スカイライン」でした。そこで日本で人気の国産車を海外進出させようと試みます。しかし海外からの評判は最悪でした。

なぜ海外では人気が出なかったのか・・・それは車のパワー不足とボディの頑丈さが原因でした。当時の日本車はアメリカ等の車と比べると、明らかに馬力が少なかったのです。その為日本の車は非常に遅いと批評を受けました。また、まっすぐな道が多いアメリカでは、スピードを出すとボンネットが開く等のボディの脆さが、表に出てしまいました。

フェアレディZが革命を起こした。

日産が海外でも認められるようなマシンを作りたいと、最初に開発したのがこの「フェアレディZ」でした。マシンが完成した後、テスト走行のためアメリカの高速道路を走りました。どんどん前に出てくれるパワー、びくともしない頑丈なボディ、楽しく走るスポーツカーの完成です。

しかし、実はこのテスト走行中にあるハプニングが起きました。なんとスピード違反でフェアレディZが止められてしまったのです。ただ、あろうことか警察官は車を見て、値段を問いかけました。当時のスポーツカーでは安価な「150万円」と答えると警察官は「発売したら、ぜひ買いたい。」と日本車を賞賛してくれたのです。こうして日本の車は、海外でもその実力


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら