エンブレム6つ装着の謎ベンツ&「EQ」からのアメリカンSUVへの挑戦状

メルセデス・ベンツのミドルクラスSUV・GLEクラス。年内に次期モデルの登場が噂され、同社の関連施設周辺では新型GLEクラスと思われる擬装されたテストカーが走行している姿を目撃され、Youtubeなどで公開されています。

新型GLEは、現行モデルと比較してコンパクトなイメージを持つ柔らかいデザインになっているようです。搭載されるエンジンは、直6ターボエンジン(362馬力)+電気モーター(21馬力)のハイブリッドが予想されています。プラットフォームは上位モデル「GLS」と同じ新開発の「HMA」と呼ばれるものを採用し、大幅な軽量化と最適化されたパッケージングによって広い車内を実現していると言われています。

ワールドプレミアは、今年10月のパリモーターショーが予想されています。

エンブレムが6つもついている奇怪なテストカーの正体は?

既にニュルブルクリンクやメルセデス関連施設周辺で度々テストカーが目撃されています。
その中で目撃されたGLEのテストカーは、異様な顔つきをしていました。

ベースとなっている車両は、新型ではなく現行GLEです。フロントマスクにこれでもかと一部擬装シートが貼り付けられているスリーポインテッドスターが「6つ」も装着されています。

ボディ側面には「Entwicklungsfahrzeug(ドイツ語で開発車両の意)」とビデオカメラのマークが書かれたシール。間違いなくメルセデスのテスト車両であることは間違いないです。

よく見ると6つのエンブレムには何かしらのケーブルが接続されています。恐らくですが、自動運転もしくは運転支援システムで大きな役割をもつレーダーの感度テストを行っているのではないかと予想できます。

自動運転・運転支援システムのレーダーは、周囲の状況を常に正確に把握していなければならない重要な役割を持っています。GLEのようなSUVは、周囲の状況がより複雑な峠道や、雨や雪など悪天候下で走行するシチュエーションが多いのです。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら