【ダイハツ コペン L880K型】魅力溢れる軽オープンスポーツカー

ダイハツ コペン L880K型について

概要

今回はAncarに掲載中の中古車 ダイハツ・コペン L880K型を紹介していきます。

コペンという名前は初め「軽オープン」から「KOPEN」と名付けられました。後に軽自動車のKをコンパクトカー(Compact car)のCに変え「Copen(Cのみ大文字)」になり、現在の名前になりました。

製造は「ミゼットII」と同様に、ダイハツ本社(池田)工場第2地区 「エキスパートセンター」の「D’sus」(ダイハツ社内の技能認定制度)2級以上を取得した熟練技能者が担当し、工場内でほぼ手作業・手組みで一台ずつ仕上げられていたハンドメイド方法が採用されており、かなりこだわって製造されました。熟練のスタッフが組み立てを行う特別なクルマなのでとてもクオリティーが高いです。
また、塗装に関してもかなりこだわったものであり、2002年の発売当時では異例であった5層コート・ダブルクリア仕上げを採用しています。

エンジンは1994年から製造され続けているJB-DET型を搭載し、チューニングに強い優れた耐久性と安定して高出力を発揮できるパワーユニットを搭載し、軽自動車規格の上限値である64psを誇る爽快なスポーツモデルです。

2002年の発売開始からコペンは特別仕様車の設定などを行いながら生産を続け2012年に終了し、約2年後の2014年6月に、2代目の新型コペンが登場しました。紹介車両のAT車の新車価格は169万5000円。

外装


ヘッドライトが丸型にデザインされていて独特の愛敬を見せており。可愛らしい印象を受けます。紹介車両はダウンサスペンションにカスタムしてあり、車高がいい感じにキマっています。

軽オープンカーであるコペン最大の魅力は、何と言ってもアクティブトップです。電動ルーフのオープンにしての走行時はとても開放感があり、最高です。
停車中にフロントガラス上部とルーフを固定するロックを外し、スイッチで作動させれば20秒ほどで電動油圧ポンプにより開閉できるというシステムは、海外メーカーの高級オープンカーと比べても負けておりません。

外装の傷等に関してですが、社外のサスペンションで車高を下げている為にフロントバンパーに擦り傷が少しあります。

内装


今回の紹介車両は、ドアの内張を張り替えてあり、インテリアパネルも内張のホワイトと統一され、ハンドルもウッド調のものにカスタムされていて高級感があります。さらにイモビライザーやシートヒーターなどの充実装備もあり、まるで高級車のようです。

スペック

エンジン・燃料系
エンジン型式 JB-DET
最高出力 64ps(47kW)/6000rpm
最大トルク 11.2kg・m(110N・m)/3200rpm
種類 水冷直列4気筒DOHC16バルブICターボ
総排気量 659cc
内径×行程 61.0mm×56.4mm
圧縮比 8.2
過給機 IC付きターボ
燃料供給装置 EFI(電子制御式燃料噴射装置)
燃料タンク容量 40リットル
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
環境仕様
10モード/10・15モード燃費 15.2km/リットル

足回り系
ステアリング形式 パワーアシスト付きラック&ピニオン
サスペンション形式(前) マクファーソン・ストラット式コイルスプリング
サスペンション形式(後) トーションビーム式トレーリングアーム
ブレーキ形式(前) ベンチレーテッドディスク
ブレーキ形式(後) ドラム(リーディングトレーディング)
タイヤサイズ(前) 165/50R15 73V
タイヤサイズ(後) 165/50R15 73V
最小回転半径 4.6m

駆動系
駆動方式 FF
トランスミッション 4AT
変速比 第1速 2.730
第2速 1.526
第3速 1.000
第4速 0.696
後退 2.290
最終減速比 5.239

このエンジンは軽自動車では数少ない4気筒のエンジンで、チューニングにも向いているエンジンです。
通常軽自動車のエンジンはチューニングに耐えられるほどの強度はもってませんが、このエンジンはなんと100馬力でも軽々と耐えてしまう、そんな凄いエンジンです。

ダイハツ コペン L880K型の走り


ターボエンジンは自然吸気エンジンのフラットな加速とは違った楽しさがあります。今回ご紹介のコペンはICターボエンジンで、その仕様上低速トルクの細さはありますが、3,000回転を超えてからの加速力は迫力があり、軽スポーツらしさを満喫するには十分なスペックです。

軽自動車なので純正のままの足回りですとロールが大きめですが、この車両はサスペンションをダウンスプリングにカスタムしてありますので重心も低くスプリングも固めなので特にカーブ走行時はロールが少なく安定した走りが楽しめます。
また着座位置も低く、車両重量が非常に軽いため、スポーツ走行においてとても楽しいです。さらに2,230mmというショートホイールベースという事もあり、興奮のスポーツドライビングが楽しめます。まるでゴーカートのような手応えが感じられるのもこの車両ならではの魅力のひとつです。

まとめ


新型コペンが発売してからというもの、旧型の価格が値下がり傾向にあります。程度の良い旧型のL800Kを安く手に入れるなら、今からが絶好のチャンスです。L800Kの可愛らしいスタイリングが好みだという方や、軽自動車には珍しい4気筒ターボエンジンをチューニングしてみたいという方なら、迷わず中古車のL800Kを選ぶべきです。旧型になっても、クルマとしての魅力が色あせないL800Kコペン。フォルムのバランスも良く、スポーツカーとしても魅力的です。この機会に是非いかがでしょうか。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら