BMWの7シリーズの価格と性能について

現行型のBMW7シリーズでは、オルタネーターの駆動をカットすることで燃費が良くなっています。電力を供給するタイミングは、ドライバーがアクセルペダルを緩めたときで、ブレーキをかけたタイミングでも電力がバッテリーに蓄えられます。その結果、740iの3リッター直列6気筒ツインパワーターボエンジンでは、先代モデルの4リッターV8に比べておよそ7%の出力向上を果たしています。トルクは15%向上しており、12%の燃費性能アップを果たしています。

スムーズなコーナリング

引用元:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/7-series/sedan/2015/innovative-functionality.html

BMW7シリーズには、インテグレイテッドアクティブステアリングが採用されています。これは初の前後輪統合制御ステアリングシステムです。低速域では前輪と後輪が、逆相位に切れるようになります。それがスムーズなコーナリングを可能にします。そして、BMWの7シリーズでは、コンフォートからスポーツプラスに至るまで、4段階のショップアブソーバが採用されています。路面状況に応じて変速スケジュールの柔軟な管理、そしてエンジン・ステアリング特性の変化を可能にしています。これらの仕組みはダイナミック運転管理操作に寄与するもので、運転者の運転を大いにサポートします。

高級サルーン専用に開発

引用元:http://www.thedrive.com/polizei144/7384/the-last-transporter-2017-bmw-m760i-xdrive-review

BMWのフラッグシップモデルは750iでした。2016年にMモデルのM760Liが登場しました。V型12気筒エンジンというBMW史上最強の大型サルーンになっています。M760LiはBMWのレーシング部門を担当するMの開発モデルで、7シリーズセダンをベースにしています。乗り心地と走行性が両立されているのが魅力で、史上最強のセダンに位置づけられています。搭載されているのは排気量6.6LのV型12気筒ツインターボで、最高出力は610ps、最大トルク81.6kgにも及ぶ高性能エンジンが専用開発されました。

まとめ

BMW7シリーズは富裕層向けに多彩なラインナップがあります。どのグレードも1000万を超える高級セダンです。7シリーズはオーナー自らが運転を楽しむことはもちろんのこと、運転手付きで使用されることも想定した後部座席の空間を作っています。中古車での値落ちは大きいため、先代モデルは300万以下でラインナップされていることもあります。走行距離が多ければ100万円代というのもあります。新車ではなかなか手が出せない7シリーズ、中古車で購入するのもおすすめですね。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら