ポルシェケイマンの新型モデル「718」。その魅力に迫る!

718ケイマンのグレードは、ベースモデルの「718ケイマン」と「718ケイマンS」の2グレードが設定されています。「718ケイマン」には新開発の2.0Lの水平対向4気筒ターボエンジンが搭載され、最高出力は300ps、最大トルクは310Nm。「718ボクスターS」には2.5Lの水平対向4気筒ターボエンジンが搭載され、最高出力は350ps、最大トルク420Nmとなっています。トランスミッションは6速MTが標準で、7速ATの「PDK」がオプション設定です。加速性能は、スポーツクロノパッケージを装着したPDK仕様車で、0-100km/hが4.7秒。先代よりも0.8秒短縮しています。「S」では4.2秒と0.6秒短縮しています。「S」のエンジンには911ターボにも採用している可変タービンジオメトリー(VTG)が取り入れられています。最高速度は718ケイマンで275km/h、Sは285km/hとなっています。

環境性能、安全性を考えた最新型のケイマン

スポーツカーにも環境性能が求められる時代です。特にヨーロッパでは高い環境性能が求められることもあり、最新型の718ケイマンではダウンサイジングターボを採用したわけです。CO2削減と燃費向上という社会的意義を追求し、従来よりか2気筒少ない高効率なエンジンをベースに、低回転からブーストが立ち上がるターボで加給することにより、低燃費と高出力、高トルクを実現しました。燃費はリッター14.5km/L(先代より1.3km向上)。「S」は13.7km/L(先代より1.5km向上)となっています。排出されるCO2は先代よりも13%減っています。
また、前車追従機能付きのアダプティブクルーズコントロールや、ドアミラーの死角をサポートするレーンチェンジアシストといったドライバーアシスト機能も選択することが可能となっている点も見逃せません。

まとめ

最新型の718ケイマンは、RRエンジンの911を上回る運動性能を有していると言われています。最高速度では911の方が上ですが、サーキットラップタイムではケイマンSの方が上回るコースもあるようです。スポーツカーとしては理想的なミッドシップレイアウトのケイマンです。そのケイマンに軽量で高効率な水平対向4気筒ターボエンジンと最新のシャーシが与えられたことにより、ダイレクトで官能的な車へと進化したわけです。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら