20年ぶりにスズキ・カプチーノが復活か!新型の価格・性能・発売日を徹底予想

小さな車体ながらも、ロングノーズ・ショートデッキのスポーツカーらしいデザインであり、その走行性能も本格的なものであるが故に、「世界一居住空間の狭い車」とも呼ばれました。
特徴的なデザインと走りの楽しさを感じられる性能から、今でも高い人気がある車です。
しかしながら、このカプチーノも1998年には、バブル崩壊や軽自動車の規格変更などが原因で生産を終了しています。

過去にスクープされた新型スズキ・カプチーノのデザイン

車総合情報誌「ベストカー」の2106年2月10日号にて、新型カプチーノに関する記事が掲載されるなど、かつて大人気だった名車の復活ということで、注目が寄せられています。

この時期の新型カプチーノのデザイン予想ですが、オープンスポーツ、ロングノーズ・ショートデッキと、先代のデザインを踏襲したものとなっています。
新型カプチーノのデザインは、元アウディのデザイナー、和田智氏が手掛けたと言われています。

初代スズキ カプチーノでは、フルオープン、タルガトップ、Tバールーフと3種類のフード形式が選択できました。
新型カプチーノでは、どんなスタイルが採用されるのか気になるところです。
ちなみに、ライバルとなるであろうホンダ S660、ダイハツ コペンのルーフですが、S660はソフトトップ、手動式、コペンは電動ハードトップを採用しています。

今後の新型スズキ・カプチーノの情報に期待!

2018年の発売が実現すれば実に20年ぶりの復活となるスズキ・カプチーノの最新情報をお届けしましたが、いかがでしたか?

過去のカプチーノの思い出してまた乗りたくなった方は多いのではないでしょうか。
当時を知らない方でも日本が誇る軽自動車のスポーツカーの魅力に興味を持たれたのではないでしょうか。

新型カプチーノは世代を超えて多くの人に注目されています。
維持費も安く、手の届くスポーツカー、カプチーノの今後の情報に期待されます。

カプチーノに乗り換えようかなとお考えの方、現在お乗りのお車を高く売るには、今までの売り方とは違う新しい売却のカタチおまかせ出品がおすすめです。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら